パラグライダーとサングラス

先日サングラスのレンズ交換をしました。レンズのUV効果はおおよそ5年で低下するそうですが、、わたしの場合とてもそんなにもちません。

パラグライダーは空を見る事が多く強い紫外線を浴びることが避けられない。劣化したレンズを見て、かけていなかったら…と思うと少しゾッとします。

サングラスには見た目の格好良さだけでなく効果や必要性もあるんです。



・紫外線防止

目が日焼けすると、充血・異物感・乾燥などのトラブルが起こり易くなり、蓄積されると白内障などの病気を引き起こす可能性もあるそうです。

そして最近の研究では目から入った紫外線でも肌が黒くなったり、運動などをしなくても疲れると言われています。


・目の保護

花粉や埃の侵入、目の乾燥を防げます。

スタチンやツリーラン、木や茂みに突っ込む等、予期せぬ怪我から目を守る役目もあります。


・選び方

紫外線防止には黒いレンズのほうが良いと思われがちですが、濃さで選んでしまうと視界が悪くなるうえ瞳孔が開き返って紫外線を取り込んでしまうそうです。

色の濃さでなく紫外線カットがポイント。「紫外線透過率」や「紫外線カット率」が表示されているレンズの性能が優れていることが大切。

そしてヘルメットと併用でき、長時間かけていても痛くならない、軽くて顔にフィットするものがいいでしょう。


なにより、眩しいと顔をしかめてしまうわたしにはシワ防止にもなる必須アイテムです。