楽しく安全にフライトするために。

パラグライダーの装備の1つ。

無線機について。


みなさんスクーリング前に機材の準備や点検をしていると思います。それに加えて無線機の電池残量と送受信できるか毎回チェックしていますか?


特に飛び始めたばかりのフライヤーにとっては命綱ですから、無線トラブルが起きたら誘導が聞き取れずパニックになるかもしれませんし、高度処理のタイミングが分からず事故に繋がる恐れもあります。


初心者に限らずパイロットにとって無線はランディングの風や周囲のコンディションを伝えたり、予期せぬトラブルやツリーランディングした場合の緊急連絡手段でもあります。


先週、フライト前に混線がありました。原因はおそらくスイッチを入れたまま片付けや作業中に無意識に発信してしまったことが考えられます。ではもし、その混線がフライト誘導中に起きたら…。


今後、高高度と講習バーンに分かれてスクーリングすることが増えます。各自フライトするとき以外は安易にスイッチを入れっぱなしにしたり発信しないよう十分注意してください。


仲間を思いやり、楽しく安全にフライトできるようにしましょう。