パラグライダー

- 柔軟な翼 -

パラグライダーの翼は化学繊維の布と紐できていて固い骨組みは無く、自然の風や人が前進することによりパラグライダー内部に空気を入れ滑空します。 
翼の部分をキャノピー、翼から下がっている紐をライン、ラインを束ねているライザーで構成されています。キャノピー後縁に取り付けられたラインでパラグライダーをコントロールします。
折り畳んでザックに収納すれば何処へでも持ち運ぶことができます。 
 

- history -

パラグライダーの原型はNASAが宇宙船回収用に研究されたが、のちに実用化されなかったパラフォイルといわれています。
1978年頃フランスのスカイダイバーが山の斜面からスクエアーパラシュートで降下したのが最初のパラグライディングと言われています。
その後、登山の時の下山手段としてアルピニストたちに徐々に広まり、やがて下山手段としてではなくフライトを楽しむ人が増えパラグライディングは広まっていきました。
現在は性能だけでなく安全性や取扱性の向上が進み、誰でも楽しむことのできるスカイスポーツとして発展を続けています。

〒350-0456
 埼玉県入間郡毛呂山町滝ノ入1149
スカイパーク毛呂山